20170330

真夜中の遊び





夕日の落としもの


絵日記スルカナ






旅の絵日記って勢いがないと笑
これは珍しく一冊描き切ったスケッチブック。
現地の市場が楽しくて撮ったり描いたり。
遠くに行けなくても、身近なところで
絵日記してもいいなぁ






春点火




大十勝逃走軟弱寄合 金色暴発独走長参上
今朝方森で春、点火

額問題








額って。
ずっと考え続けてて。
鉛筆の絵も、音楽素描も。どうもフツーの額がなんだか合わない。こう固っ苦しく感じるっていうか。閉じ込められて息苦しく見えるっていうか。
展示の条件によってはやむなく額装してるんだけど。いつも、あー違う違う!合わない!違うなぁあああってじたばたもがいてくるんだよね。
それって。
作品がどういうものなのか、という制作の芯にかかわる問題でもあって。あのね。絵なんだけど絵じゃないところがある。でも、絵なんだけどね。
でね。そのなんだか妙なところのある絵を、どうやったら、ストレートに伝わるようなやりかた。見せ方があるのかなって。ずっと試してきてる。そこ、テキトーにやっちゃいけないの。
佐藤ワラさんと、そんな話をしていたら手作りの額を二つ、送ってくださいました。もうすこししばらく見て考えたい。でも、まずは画像UPしてしまいます。

まずは一つ目の額。
絵を入れ替えてもう一枚。
手元にある絵を入れてみたので
はみ出してる。
合うサイズのを描かなきゃ。
疑似トタン。
自然と人工の中間くらいにあるもので
つくったらどうかなと。
実際に拝見すると、作りも塗りもホント
さりげないのにしっかりしていて絶妙。
絵と調和していました。
もう一つのほうの額は、新作ができてから
UPしまーす。

消えていく冬


20170323

20170323

















こどもらが空がすごいピンクだ、山はむらさきだ
と興奮して言うので
あわてて外に飛び出した
昼間とはうって変わって冷たい空気
身体がきゅっとなる

春の気まぐれは激しくて
唐突にその色彩に
新しく出会う



白昼




転がり落ちる夢を見て






あっと目覚めたら
花たちが私を覗いていた